ロードテスト キア・Xシード ★★★★★★★☆☆☆

2019.11.30

意匠と技術 ★★★★★★☆☆☆☆

キア曰く、Xシードはクロスオーバー・ユーティリティビークルということになる。この形容はジャンル分けを曖昧にし、スタンダードなシードに対する車高の引き上げがわずかであることも示唆している。事実、その差は40mm程度だ。

とはいえ、エクステリアでシードと共用する部品は、フロントドアの外装パネルのみ。ヘッドライトをはじめとするほぼすべてのパーツが新設計で、完全なニューモデルだと感じられるものに仕上がっている。

エクステリアでハッチバックのシードと共用する部品は、フロントドアの外装パネルのみだ。
エクステリアでハッチバックのシードと共用する部品は、フロントドアの外装パネルのみだ。    LUC LACEY

そうはいっても、もちろん完全新設計というわけではない。プロポーションが大きく違うのは、主にリアアクスルより後方。これによってシードより全長が85mm伸び、ラゲッジルームも拡大した。しかし、キアの最新プラットフォームであるK2をベースに開発されているのは共通だ。

そのため、Xシードは独立懸架のリアサスも備える。だが、クロスメンバーに新規追加されたダイナミックダンパーによって、走りの洗練度は引き上げられたという。フロントのストラットにも油圧バンプストップを与えられ、スプリングレートを低めて乗り心地の改善を図ることが可能になった。市街地での取り回しを向上させるべく、電動パワーステアリングのアシストも強めている。

パワートレインのラインナップは、シードのそれと同様。英国では、1.0Lと1.4Lの直噴ターボガソリンが投入される。今後はスマートストリームこと、20.3km/Lの燃費を誇る1.6Lのターボディーゼルも追加される見込み。トランスミッションは、いずれのエンジンもキア内製の7速DCTと6速MTを組み合わせる。

また、プラグイン・ハイブリッドも用意される予定。これは8.9kWhのリチウムイオンバッテリーと44.5kWの電気モーターを、1.6L自然吸気のカッパエンジンとセットにしたパワートレインを積む。

予想通り、ドライブトレインはXシードのワイドなボディやゴツいルーフレール、ホイールアーチやサイドシルの樹脂ガードなどに比べれば平凡だ。四輪駆動は設定されず、オープンデフを介してサマータイヤを履く前輪を回すのみだ。

ドライブモードセレクターは備えるが、ステアリングの重さやスロットルレスポンス、シフトの性格をアジャストするにとどまる。ライバル車に見られるような、トラクション性能を向上させる電子制御デバイスは装備されない。

 
最新試乗記

人気記事