高性能7シーターSUV メルセデスAMG GLB 35に試乗 306ps ライバル不在

2019.12.02

往年のレーサーを彷彿させるフロントグリル

スプリングとダンパーは引き締められているが、アダプティブ・ダンパーはオプション設定。速度で可変する電動パワーステアリングに、フロントが350mm、リアが330mmの大径ディスクの構成によるAMGブレーキも搭載する。

エクステリアは他のAMGと共通。フロントスプリッターは大きくなり、マフラーは左右に別れた2本出し。リアバンパーの造形もスポーティなものになり、テールゲートの上部には大きなスポイラーが付く。

メルセデスAMG GLB 35
メルセデスAMG GLB 35

マルチスポークの19インチホイールが標準装備だが、オプションで20インチか21インチも履かせられる。フロントグリルは1950年代のメルセデス・ベンツ製レーシングカーを彷彿とさせる、「パンアメリカーナ」AMGグリルを装備。「35」シリーズでは初採用だという。

インテリアもAMGらしく手が加えられた。3スポークのマルチファンクション・ステアリングホイールに、サイドサポートの大きいフロントシート、メタル・フィニッシュのシフトパドルなどはお約束。

AMGダイナミック・セレクターも装備し、スロットルやトランスミッション、ドライブトレイン、ステアリング、スタビリティコントロールの設定の組み合わせを、多様なモードの中から選択可能。

ただ、筆者は少し操作に戸惑うのだけれど。サブメニューを掘り下げながら変更を加えていくと、自分を見失ってしまう。

 
最新試乗記

人気記事