高性能7シーターSUV メルセデスAMG GLB 35に試乗 306ps ライバル不在

2019.12.02

ゆるいぎないパワーとトラクション

メルセデスAMG GLB 35をコーナーの連続する区間へ持ち込むと、標準のGBLよりもステアリングが重いことを実感する。コンフォートモードでも姿勢制御はタイトで、ピッチもロールも抑制が効いている。

グリップ力は強いうえに、トルクベクタリング機能がドライバーの狙ったライン通りに、GLBの鼻先を向け続けてくれる。確かにA35と比較すると、急な方向転換などでは少し反応が遅いこともあるが、GLBは意外なほどに俊敏に動く。

メルセデスAMG GLB 35
メルセデスAMG GLB 35

ブレーキの力強さも運転する自信を高めてくれる。制動力は漸進的に立ち上がり、強力にディスクを抑え込む。起伏の大きいルートやサーキットでは、車重を隠しきれない場面はあるだろう。

限界領域の80%位のところで、積極的な運転を楽しむのが適しているクルマだ。A35とは異なり、純粋にドライビングを楽しめるマシンではない。車高は高く、車重は重く、ボディは大きすぎる。クルマから伝わる情報量も少なく、操縦性の奥行きも深いわけではない。

だとしても、ひたすらハイスピードで道路を走らせることはできる。高い目線による開けた視界、ゆるいぎないパワーとトラクションで、客観的な意見など忘れさせてくれる。

乗り心地に関しては、引き締められたサスペンションのおかげでやや硬め。ホイールが大きいから鋭い衝撃は車内に届き、路面が荒れているとロードノイズも小さくない。

 
最新試乗記

人気記事