【SVOの世界へ】ヴェラールSVAダイナミック、FペースSVR 英国で磨かれた理想のSUV

新型ボルボS60 T6日本試乗 プラグイン・ハイブリッド・セダンの内装/走りの評価は?

2019.12.02

どんな感じ?

96のセルに分割されたバッテリーは、車体の中心下部、すなわちセンタートンネルの部分に配置されている。その電力量は34Ah。充電時間は200Vの普通充電で2〜3時間で、フル充電からなら約45kmのゼロエミッション走行が可能になるという。

このS60はもちろん、ボルボの最新プラットフォーム、SPA=スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャを使用して設計されたもので、最初から電動化への対応も考えられていたため、バッテリーを効率的にこの位置に搭載することができた。もちろんそのための特別な強化策も万全に行われている。

S60 T6ツインエンジンAWDインスクリプション  
S60 T6ツインエンジンAWDインスクリプション  

さっそくS60 T6 AWDインスクリプションのドライブを始めよう。

まず誰もが感動するのは、やはりその造形の美しさだろう。先代のS60もセダンとして非常に魅力的な、まとまりのあるスタイルを実現していたことを思い出すが、新型のデザインは、さらに面構成の美しさを強く主張した実にダイナミックなものだ。

とりわけ印象的なのは、ボディ・サイドを流れるプレスラインとウエストラインのコンビネーション。リアドアからリアフェンダーに向けて一気にボリューム感を増す造形は、フットワークの力強さを見る者に印象づけてくれる。

アッパーラインも同様に美しい。ボディ・サイドからは、近年流行の4ドア・クーペのシルエットにも見えるスタイルだが、しかしながらルーフラインは後席まできちんと高く描かれており、トランクルームもまたその存在を主張する。

 
最新試乗記