Aクラス・セダン試乗 M・ベンツA250 4マティック、サイズ/内装/セダンのメリットを評価

2019.12.04

リアはマルチリンク

それらは4WD用と上級モデル向けとなるリア・マルチリンクサスの効果も少なくないと思われる。

ちなみにAクラス・セダンはA250 4マティック以外はFFのA180/A180スタイルとなり、これらは5ドアHBと同じくリアサスがトーションビーム。

メルセデス・ベンツA250 4マティック・セダンのトランク
メルセデス・ベンツA250 4マティック・セダンのトランク

A180スタイルとの価格差は100万円近いが、パワースペックと4WDの全天候性能だけの価格差ではなく、脚まわりも別仕立て。FRベンツ車を彷彿させる身のこなしも投資価値である。

静粛性もHB車に対するアドバンテージ。ロードノイズの音量だけでなく、音質も耳当たりがよくなっている。

密閉感というと悪く捉えられそうだが、外界との断絶した穏やかな車内とでもいうか、そんな空間感覚はリアサスまわりに隔壁を持ち、トランクスペースを独立させたセダンボディの欠かせないメリットの1つである。

操るのが心地いいクルマ

A180に対して1ランクアップはフットワークだけではない。動力性能も上位設定仕様らしい。

大まかな変速制御は巡航で1500rpm前後、緩加速で1500〜2000rpmを用いる。現代のパワートレインでは標準範疇ながら巡航ギア維持能力は高めであり、ダウンシフトなしでの加速範囲も広い。35.7kg-mもの最大トルクを1800〜4000rpmで発生するのであれば、そのくらいは何でもないだろう。

メルセデス・ベンツA250 4マティック・セダン
メルセデス・ベンツA250 4マティック・セダン

スペックを見ればもっとダウンシフトを堪えることも可能だろうが、そうしないのは加速の繋がりを重視した結果だろう。余力をたっぷり残した状態で1速ダウンシフトし、回転上昇と連動した加速で伸びやかさを演出。「ゆったり」と「スポーティ」の按配の付け方が巧みであり、操り心地のいいドライブフィールに仕上がっている。

ミッションは7速DCT。速度低下のダウンシフトと再加速が重なると、時としてガチャつくような部分もありトルコン型ATには及ばないにしても、DCTとしてはクラッチ制御も滑らか。

DCTならではの歯切れいい変速感と滑らかさの両立は同車のキャラには似合い。パワートレインも上品なスポーティカジュアルといった感じでまとまっていた。

 
最新試乗記