【長期テスト】マクラーレン720S(2) シルバーストン・サーキットでの出来事

2019.12.15

サマリー

極めて優れたコーナリング性能を備えたマクラーレン720S。世界でも最も優れたドライビングマシンの1台で有ることには間違いありません。そんなスーパーカーと毎日を満足して過ごすことはできるのか、長期テストで確認します。

もくじ

積算1831km マクラーレン720Sで雪道を走る
積算2394km ミッション・モータースポーツ
ウェットのサーキットはスタッドレスで
脳がんを患った19歳の少女の勇気
テストデータ

積算1831km マクラーレン720Sで雪道を走る

text:Andrew Frankel(アンドリュー・フランケル)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
マクラーレン720Sを長期テストで乗っていると、ロードテストでは見えなかった部分も見えてくる。降り積もった雪の日の運転などは典型。

ピレリ・ソットゼロというスタッドレスタイヤとの組み合わせは素晴らしいものだった。ほとんどスリップすることなく、郊外の道も走り回ることができた。その後、ノーマルタイヤを履いた4輪駆動のSUVでは、そろそろと走る羽目になったのだけれど。

マクラーレン720S ラグジュアリー
マクラーレン720S ラグジュアリー

積算2394km ミッション・モータースポーツ

長期テストのマクラーレン720Sを、サーキットへ持っていく予定は当分ないはずだった。クルマはテスト評価中だし、スタッドレスタイヤを履いていたから。シルバーストン・サーキットの近くへ行くこともなかったはず。

しかし今回の走行会は、いつもとは異なった。「ミッション・モータースポーツ」という、身体障害を持った人のリハビリなどを支援する、慈善団体が主催のものだったのだ。わたしもこの団体には少しながら関わっている。

マクラーレン720S ラグジュアリー
マクラーレン720S ラグジュアリー

この団体は軍隊活動の中で負傷した元兵士やその家族などを支援するもの。身体的な障害だけでなく、精神的に苦しんでいる人も少なくない。

活動信念は「レース・再訓練・復帰」で、設立から7年足らずの間に、150名近くの保護受給者の再雇用へとつなげている。また幅広いプログラムを通じて、1700名以上の就職も支援してきた。

 
最新試乗記

人気記事