ロードテスト フォルクスワーゲン・グランドカリフォルニア ★★★★★★★☆☆☆

2020.01.11

使い勝手 ★★★★★★★★☆☆

インフォテインメント

グランドカリフォルニアのインフォテインメントシステムは、ロードテストで取り上げる物件としては珍しく、追加コストでのアップグレードが用意されていない。

フォルクスワーゲンではおなじみのディスカバーメディア・ナビゲーションシステムは、8.0インチのタッチ操作式カラーディスプレイを採用。フロント4スピーカーを装備し、Bluetoothや音声操作、スマートフォンとの接続機能であるApp-Connectなどを備えている。

後方の壁面に埋め込まれたタブレットで、空調の調整やルーフ上の衛星アンテナ展開などの操作を行う。
後方の壁面に埋め込まれたタブレットで、空調の調整やルーフ上の衛星アンテナ展開などの操作を行う。

見栄えはよく、作動ぶりも上々。7万ポンド(約980万円)級のクルマを、プレミアムクラスに近いポジションに置くにもふさわしいアイテムだと思える。

車内のタッチパネルや音源はこれだけではない。ずっと後方に、同じサイズのタブレットが壁面に埋め込まれ、空調の調整やルーフ上の衛星アンテナ展開などの操作に用いる。

また、オプションでBluetoothスピーカーをダブルベッド周りに設置できる。これにより、車内の前後で異なる音楽を聴けるようになる。

燈火類

標準装備はハロゲンで、テスト車に装備されていたハイビームアシスト付きのアダプティブLEDはオプション。明るさは十分だが、反応はやや鈍い。

ステアリングとペダル

ペダル配置は良好で、楽で快適な操作ができる。ペダルが立ちすぎていないので、クルージング中に足がつるようなこともない。

 
最新試乗記