【偉業と思えるほど高い完成度】ACシュニッツァー ACS5 BMW M5ベースの720ps

2020.01.13

100字サマリー

スーパーカークラスの最高出力だけではない内容を備えた、BMW M5ベースのACシュニッツァー ACS5スポーツ。充分に速いM5コンペティションを更に磨き込んだスーパーサルーンを、ドイツで評価しました。

もくじ

スーパーカー並に目立つACS5
ドライバーの好みで選べるメニュー
KW製サスによる歯切れの良いコーナリング
大きなボディが内包する圧倒的な能力
偉業と思えるほど高いACS5の完成度
ACシュニッツァー ACS5スポーツのスペック

スーパーカー並に目立つACS5

text:Richard Lane(リチャード・レーン)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
ACシュニッツァー製のモデルのステアリングを握るドライバーは、自分がどんなクルマに乗っているのか、よく理解しているはず。その極みにあるACS5なら、特に。

すでに充分な性能を誇るBMW M5コンペティションをベースに、機能重視のカーボンファイバー製のボディキットを追加。リアのディフューザーにはF-1マシンのレインライトのような、赤いランプ灯る。4本出しのキャノン風スポーツ・エグゾーストとともに、これ見よがしにカーボンファイバーで縁取られている。

ACシュニッツァー ACS5スポーツ
ACシュニッツァー ACS5スポーツ

今回の試乗車の場合、ACシュニッツァー社のカスタム・サスペンションはサーキット設定になっていたから、かなり野心的なネガティブ・キャンバーが付いている。高速道路を走っていれば、ミドシップのスーパーカー並に目立つこと請け合いだ。

だがACS5は、アメリカのセマショーに出展されるようなカスタムカーとは異なる。以前ご紹介した、M2コンペティションをベースとするACS2の試乗記をお読みいただいたのなら、ACシュニッツァー社のモータースポーツでの歴史や、チューニング・アプローチはおわかりかと思う。

エンジンのコントロールユニットは、BMW製ソフトウエアを上書き。更なるパワーとトルクを引き出している。ニュルブルクリンクで鍛えたKW社製のサスペンションを装備し、薄いサイドウォールが残るだけの、大径ホイールを履く。

ACシュニッツァー社のマシン開発はとても丁寧。アフターマーケット的なカスタムマシンに見えても、1987年以来拠点としているアーヘンまで出張して、試乗する価値は充分にある。

 
最新試乗記