【偉業と思えるほど高い完成度】ACシュニッツァー ACS5 BMW M5ベースの720ps

2020.01.13

KW製サスによる歯切れの良いコーナリング

もはや速すぎて、英国で走らせている限り、シュニッツァーが追加した95psや9.6kg-mは、気付ける差ではない。そもそも現実的に発揮できる領域ではない。

しかしドイツなら話は異なる。アウトバーンで240km/hを超えてくれば、少し過剰気味ながら、エクストラサウンドを楽しむことができる。マクラーレン720SよりアウディQ7の方に前面面積は近いかもしれないが、305km/hに自主規制された最高速度までも、楽に到達できる。

ACシュニッツァー ACS5スポーツ
ACシュニッツァー ACS5スポーツ

ステアリングフィールは高速域でも良好。やや人為的な感触もあるが、M5コンペティションよりもスタビリティは高く感じられる。これもドイツでは有用だ。

専用のサスペンション・セッティングが大きく関係しているのだろう。加えて低速域やきついコーナーでもその恩恵は高い。ターンインの鋭さに変化はないものの、より歯切れがいい。このボディサイズのクルマとしては、珍しい。

フロント・サスペンションはアンダーステアという言葉を知らない印象。小さくはないACS5が、まるでレッドブルのエアレーサーのように細い道を駆け抜ける。

強力なトラクションのおかげで、確実にボディを進めていく。引き上げられた機敏性と落ち着きは、出発地から目的地への移動速度を更に高める。

その走りを叶えているのは、KW社製のスプリングとコイルオーバー・ダンパー。いかにもシュニッツァーらしい。ダンパーはリバウンドに加えて、低速と高速での圧縮を手動で調整が可能。車高は30mmの範囲で変更できる。

 
最新試乗記