【アンチ派も試して欲しい】テスラ・モデル3 スタンダードレンジに試乗

2020.01.15

スムーズで上質な高級感のある走り

テスラはデザインに関して話題になりがちだが、モデル3が評価されるべきはドライビングに関する部分。シングルモーターのスタンダードレンジ・プラスの場合、最高速度は225km/h。0-96km/h加速は5.3秒でこなす。

ツインモーターのロングレンジの場合、233km/hと4.4秒となる。確かにスタンダード版はスペック的に劣るが、パワー不足を感じることはないだろう。瞬間的に引き出される太いトルクは、安楽でスムーズな加速を提供してくれる。

テスラ・モデル3 スタンダードレンジ・プラス
テスラ・モデル3 スタンダードレンジ・プラス

上位モデルのラディキュラス・モードで味わえる圧倒的な加速や、絶対的な最高速度では及ばない。でも、これ以上必要とは感じないのではないだろうか。

テスラ・モデル3の場合、他のEVモデルとは異なり、回生ブレーキの効きを調整する機能は備わらない。50kWhという容量のバッテリーの性能を最大限に引き出し、効率的に制御する能力という点では劣っているといえる。

ステアリングを切ると即座に向きを変える軽快さがあるが、フィードバックは少なく、手に伝わる感覚も少ない。だがモデル3の太いトルクをすべて引き出さずとも、走りは好印象。スムーズで上質、静寂なラグジュアリーさが味わえる。

乗り心地の洗練性はライバルモデルほどではなく、ロードノイズも大きい。BMW 3シリーズに並ぶプレミアム・サルーンとして見るなら、期待値には届いていない。

 
最新試乗記