【アンチ派も試して欲しい】テスラ・モデル3 スタンダードレンジに試乗

2020.01.15

テスラの標準を新設定するスタンダードレンジ

モデル3は、テスラにおける新しい標準だといえる。その中でもスタンダードレンジ・プラスは、比較的手頃な価格も相まって、特に訴求力のある選択肢となってくる。価格の高いモデル3 ロングレンジと比べても、走行性能の差は実世界では小さいといっていい。

唯一引っかかるとすれば、560kmから408kmへと短くなる航続距離だろう。この距離で日常の運転環境に合致する、サルーンを求めるドライバーなら、モデル3 スタンダードレンジ・プラスは有力な検討候補になる。

テスラ・モデル3 スタンダードレンジ・プラス
テスラ・モデル3 スタンダードレンジ・プラス

確かに荒削りな部分もなくはない。だが安価なテスラを待っていたドライバーにとって、がっかりするようなレベルではないはず。むしろテスラに半信半疑のドライバーですら、充分に納得させられる可能性をモデル3 スタンダードレンジ・プラスは備えていると思う。

テスラ・モデル3 スタンダードレンジ・プラスのスペック

価格:3万6340ポンド(516万円/49万円の英国政府補助金適用後)
全長:4694mm
全幅:1850mm
全高:1443mm
最高速度:225km/h
0-100km/h加速:5.8秒
航続距離:405km(WLTP)
CO2排出量:0g/km
乾燥重量:1611kg
パワートレイン:永久磁石同期モーター
バッテリー:50kWh
最高出力:255ps
最大トルク:38.2kg-m
ギアボックス:シングルスピード・リダクションギア

 
最新試乗記