【導入しなければ選べない】ダチア・サンデロ(最終回) 遥かに安い燃料費

2020.01.19

サマリー

日本では無名ながら、欧州では堅実なブランドとして人気のダチア。サンデロのLPG仕様はガソリン車と遜色ない走りを見せてくれます。欧州では普及が進むものの、税制面での理由で英国での普及はいまひとつ。その魅力を探ります。

もくじ

積算4142km 英国でも燃料代は確実に安い
機能的で合理的なダチアにぴったり
すぐに実行できる代替燃料にもなる
テストデータ

積算4142km 英国でも燃料代は確実に安い

text:Mark Tisshaw(マーク・ティショー)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
前回のレポートからすっかり間が空いてしまった。楽しみにしていただいた読者には、お詫びしたい。

さて、日本ではタクシーで普及しているLPG車。ダチア・サンデロにも、英国には正規輸入されないがLPG車が存在する。

ダチア・サンデロ・ステップウェイ TCE 90バイフューエル
ダチア・サンデロ・ステップウェイ TCE 90バイフューエル

長期テストの結果として、ガソリンやディーゼルエンジンと比べて、ランニングコストは安いのか。答えは、イエス。特に不便を感じることもなかった。

英国の場合、正規にLPGタンクを搭載したモデルが導入されないことが多い。安価な燃料となっているLPGを、英国人が利用できないなんてもったいない。

今回のテストを通じて、英国でLPG車の選択肢が限られていることに対する、満足のいく答えは見つからなかった。わかった点といえば、LPGは普及できる可能性があること。日本でも液化石油ガスは、オートガスとして知られている燃料だ。

燃料費を節約できるということは証明できた。サンデロのガスタンクを満タンにしても、請求書の額にがっかりすることは最後までなかった。

デュアルフューエルに対応したダチア・サンデロ・ステップウェイLPGを購入するには、イギリス海峡を渡ってオランダまで行かなければならないという事実。純正でLPGタンクが搭載されているダチア・サンデロは、英国では手に入らない。何よりも残念なことだ。

 
最新試乗記

人気記事