【導入しなければ選べない】ダチア・サンデロ(最終回) 遥かに安い燃料費

2020.01.19

機能的で合理的なダチアにぴったり

それはダチアだけではない。LPG車を英国でも用意しているのは、2019年時点でフォードと日産、プジョーの3社のみ。他の多くの自動車メーカーは英国人にLPGのメリットを与えてくれていない。英国では1250カ所ほどのスタンドがあり、1L当たり86円で手に入るのに。

ダチアというコストバリューに優れたメーカーのイメージも良く合うLPG。長期テストでは、やや車高の高い、少しタフな見た目のサンデロ・ステップウェイを選んだ。

ダチア・サンデロ・ステップウェイ TCE 90バイフューエル
ダチア・サンデロ・ステップウェイ TCE 90バイフューエル

既にサンデロは機能的で合理的なクルマだとわかっていたから、特にクルマ自体については触れてこなかった。他のモデル以上に、安価に乗れるモデルだ。

LPG車に実際乗って実感したのが、ガソリンや軽油を補給するより、ガスを充填するのは少し面倒だということ。そして40LのLPGタンクを満タンにすると、400kmから450kmくらいは走れるということ。

LPGは熱量が少ないため、一般的なガソリン車やディーゼル車ほど航続距離が長くない。そのため燃費は良いとはいえないが、二酸化炭素の排出量が多いわけではない。

われわれのサンデロLPGの燃費は、平均で12.2km/Lほどだったが、姉妹誌がテストした0.9L 3気筒ガソリンのサンデロの燃費は15.2km/Lとなっている。

そのかわり、燃料代は安価で済んでいる。3263kmを走行した燃料代は、160ポンド(2万3000円)ほどだったのに対し、0.9Lのガソリン版サンデロなら、257ポンド(3万7000円)くらいは掛かったはず。

 
最新試乗記

人気記事