【最高のハイブリッドSUVは?】ホンダCR-V vs トヨタRAV4 vs スバル・フォレスター vs レクサスNX 後編

2020.02.08

サマリー

ディーゼル離れが進むなか、今回は4台の日本製ミッドサイズ・ハイブリッドSUVを集めた比較テストを行いました。いまや燃費性能に優れているのは当然のことであり、今回のテストで勝因となったのは、ハイブリッドを感じさせない自然なフィールだったようです。

もくじ

中味も大きく進化
驚くべき低CO2排出量
次なる戦いへ
各車のスペック

中味も大きく進化

少なくともAUTOCAR読者にとって、最初にもっとも魅力的なハイブリッドクロスオーバーだと映るのはこのクルマだろう。

その無骨さを感じさせるデザインは、現在ピックアップモデルのタコマなどでトヨタに馴染み深い米国のタフなオーナーたちをも惹きつけるに違いない。

NX Fスポーツには締め上げられたサスペンションが採用されている。
NX Fスポーツには締め上げられたサスペンションが採用されている。

キャビンには、作業用グローブをしたままでの運転も視野に入れたモデルのように、ゴムでカバーされたベンチレーション用ロータリーダイヤルや、大きなトグル式シートヒータースイッチなど、本物志向のこだわりが見られるとともに、様々な電子機器用のコネクターまで装備されている。

さらには、簡単にひっくり返すことの出来るトランクフロアの裏面は、汚れたものも気兼ねなく載せられる樹脂製であり、ところどころに見られる硬い樹脂製パネルを除けば、キャビン全体のフィールはその価格に見合った品質を感じさせる。

この最新のRAV4はその中味も大きく進化させている。

新たなプラットフォームは旧型よりも約50%強度を増すとともに、グランドクリアランスを拡大したにもかかわらず、低重心化をも達成していると言う。

パワートレインは基本的にレクサスの姉妹モデル譲りだが、RAV4に積まれたものの方が新しく、冷間時のパフォーマンス向上を図るべくバッテリーにはニッケル水素ハイブリッド電池を採用している

電気モーターと2.5Lエンジンの合計出力が220ps以上に達するRAV4は驚くほどの速さを見せるとともに、このトヨタ最新のハイブリッド技術を採用した他のモデル(例えばカローラもそうだ)同様、そのパワーデリバリーは非常にリニアであり、先代よりもはるかに高い完成度を誇る。

 
最新試乗記

人気記事