【マイナーチェンジ後こそ本来の姿】ジャガーXE 2.0(最終回) 長期テスト

2020.02.16

XEは当初からこうあるべきだった

ATモードのままでの0-96km/h加速は5.4秒。誰の目でも充分に速いのに、燃費は200ps版と大きく変わらない。11.0km/Lから12.0km/Lくらいで走れるだろう。

マイナーチェンジを受けたジャガーXEは、初期のXEより全体的な完成度を向上させたといって良い。とはいっても、BMW 3シリーズを打ち破ることは簡単ではないだろう。もっとも、この水準で当初からXEを仕上げるべきだった。

ジャガーXE 2.0 Rスポーツ(マイナーチェンジ前・欧州仕様)
ジャガーXE 2.0 Rスポーツ(マイナーチェンジ前・欧州仕様)

セカンドオピニオン

最近登場するクルマは、着座位置の高いSUVやクロスオーバーばかり。だが、新しいジャガーXEに乗ると、再びサルーンの素晴らしさに気づく。クルマはしっかりと路面にしがみつき、一緒に走っているという感覚が得られる。マイナーチェンジで、XEで得られる運転の喜びに、インテリアの質感が追いついた印象だ。 Mark Tisshaw(マーク・ティショー)

テストデータ

気に入っているトコロ

プロポーション:まさに全身が引き締まったスポーツサルーン。低く滑らかで、筋肉質。サイズもコンパクト。
ステアリングフィール:後輪駆動のジャガーらしく、正確で破綻のないステアリング。不満はない。
シャシー設定:一部の人にとっては少し固めに感じられるかもしれない。そのかわりに素晴らしいグリップ力と操縦性のバランスが得られている。

気に入らないトコロ

後部座席:XEの開発当初から、デザイナーは後部座席に充分な広さは得にくいと話していた。
エンジン:低速トルクは充分でスムーズ。だから少々うるさくレスポンスは過敏気味。

走行距離

テスト開始時積算距離:477km
テスト終了時積算距離:1万7548km

価格

新車価格:3万4565ポンド(494万円)
現行価格:−
テスト車の価格:4万575ポンド(580万円)
ディーラー評価額:3万1000ポンド(443万円)
個人評価額:3万3000ポンド(471万円)
市場流通価格:2万8500ポンド(407万円)

オプション装備

シートヒーター:320ポンド(4万6000円)
セシウムブルー・ボディカラー:650ポンド(9万4000円)
19インチ・アルミホイール:840ポンド(12万1000円)
ブラック・パッケージ:530ポンド(7万7000円)
電動調整付きドアミラー:295ポンド(4万3000円)
プライバシーガラス:370ポンド(5万3000円)
メリディアン製380Wオーディオシステム:530ポンド(7万7000円)
パーキングアシスト・カメラ:1045ポンド(15万1000円)
電動牽引バー:900ポンド(13万円)
キーレスエントリー:530ポンド(7万7000円)

燃費&航続距離

カタログ燃費:14.0km/L
タンク容量:56L
平均燃費:13.3km/L
最高燃費:15.8km/L
最低燃費:9.5km/L
航続可能距離:746km

主要諸元

0-96km/h加速:7.2秒
最高速度:230km/h
エンジン:直列4気筒1998ccターボチャージャー
最高出力:200ps/5500rpm
最大トルク:32.5kg-m/1450-4500rpm
トランスミッション:8速オートマティック
トランク容量:410L
ホイールサイズ:19inch
タイヤ:225/40 R19(フロント)/255/35 R19(リア)
乾燥重量:1505kg

メンテナンス&ランニングコスト

リース価格:1000ポンド(3万7000円/1カ月)
CO2 排出量:162g/km
メンテナンスコスト:なし
その他コスト:なし
燃料コスト:1409ポンド(20万1000円)
燃料含めたランニングコスト:1409ポンド(20万1000円)
1マイル当りコスト:15.3ペンス(22円)
減価償却費:1万2075ポンド(172万円)
減価償却含めた1マイル当りコスト:146ペンス(209円)
不具合:なし

 
最新試乗記

人気記事