【人気のボルボにPHEV版登場】ボルボXC40 リチャージに試乗 良いモノを更に良く

2020.02.16

すでに洗練されたXC40を引き上げた

荷室容量に影響がなかった理由は、PHEVに関するものも含めて、パワートレインがボンネット内に収まっているから。だが、XC40を走り出せば、うっとりするような電動モーターの滑らかさで加速を始めるから、パワートレインにハイブリッドが採用されていることは瞭然だ。

3気筒ターボエンジンは180psを発生し、そこへ電動モーターが81psを加算する。リチウムイオン・バッテリーは車両中央のトランスミッション・トンネルと呼ばれるところに搭載され、容量は10.7kWh。とても知的にパッケージングされている。

ボルボXC40リチャージ・プラグイン・ハイブリッドT5(欧州仕様)
ボルボXC40リチャージ・プラグイン・ハイブリッドT5(欧州仕様)

電気だけで走行可能な距離は、49kmだという。ドライブモードにはEVモード優先のピュアを含めて4種類が設けられ、タッチモニターから選ぶことが可能だ。

標準ではハイブリッド・モードとなるが、電気モーターとガソリンエンジンの切り替えはシームレス。注意しなければ、いつ3気筒エンジンが始動し、停止したのかわからないだろう。

レブカウンターには、エンジンと電気モーターの稼働状態も表示される。力強い加速と、燃費を稼ぐ運転とを両立させるのに役に立つ。NEDC値をWLTP値に換算したものだが、燃費は49.9km/Lとうたわれている。

最もスポーティなパワー・モードを選んでも、XC40が、突出してダイナミックな走行性能を味わわせてくれるわけではない。だが、この手のクルマとして不満を感じることはないと思う。むしろ、すでに洗練されたXC40が、磨き込まれた印象だ。

 
最新試乗記

人気記事