【Mパフォーマンス初の3シリーズ・ツーリング】BMW M340i xドライブに試乗

2020.02.20

Mスポーツとの見た目の差は最小限

本物のMではないとはいえ、ライバルとするのはメルセデスAMG C43エステートや、アウディS4アバントだ。Mパフォーマンス仕立てのツーリングを、早速味わってみよう。

テールゲートに追加されたM340iというエンブレムと、デザインし直されたマフラーカッター以外、Mスポーツとの明確な違いは小さい。メルセデスやアウディなどのライバルとは異なり、一般道を走っている限り、注視しなければ気付かないかもしれない。

BMW 3シリーズ・ツーリング M340i xドライブ(英国仕様)
BMW 3シリーズ・ツーリング M340i xドライブ(英国仕様)

インテリアも同様で、通常のG20型3シリーズで見慣れた光景。レイアウトは良く操作性も良好。ダッシュボード中央には、ドライバーの方へ角度がついた大きなモニターが備わる。

インフォテインメント・システムに、アンドロイド・オートはまだ備わらない。それでも、プレミアム・エステートのライバルの中で、最も上質なインテリアに仕上がっていることは間違いないだろう。

ドライブモードをコンフォートにして、都市部を流している限りは、パワーアップの実感は控えめ。乗り心地はわずかに引き締まってはいるが、いくつかのMディビジョン製モデルのかなり硬めの設定とは、大きく異なっている。

アダプティブ・ダンパーは、舗装状態の悪い路面に良く対処してくれる。しかし、完璧に均せるというほどでもないようだ。

ハンドリングの正確性は高く、3シリーズのサルーンほどではないものの、狙った通りにクルマを導いていける。肉厚のステアリングホイールには、満足できるほどの感触は伝わってこないけれど。

 
最新試乗記

人気記事