【歴史あるジャガーのFRという訴求力】ジャガーFタイプ R P575へ試乗 小変更

2020.03.20

サマリー

ジャガーFタイプのトップグレードを飾り、ポルシェ911のライバルともなるFタイプR。情感豊かなクルマの性格は、ドライバーへの訴求力にも不足はありません。ただし、英国編集部は少し力み過ぎにも感じたようです。

もくじ

古くから続くFRという訴求力
スタイリングやサスペンションを中心に手直し
ちょいワルで騒々しい2シーター
ワイルドな性格に変わりはなし
一聴の価値があるV8サウンド
ジャガーFタイプ R P575 AWDのスペック

古くから続くFRという訴求力

text:Matt Saunders(マット・ソーンダース)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
2シーター・スポーツのジャガーFタイプに、マイナーチェンジが施された。8年目のモデルイヤーを、控えめに祝うように。

スポーツカーは全般的に、1世代の寿命が長い傾向がある。それでもFタイプはいくつかの点で、発表当初から古さを感じさせるものだった。2006年の2代目XKに用いられていた、アルミニウム製のプラットフォームがベースということもあるだろう。

ジャガーFタイプ R P575 AWD(英国仕様)
ジャガーFタイプ R P575 AWD(英国仕様)

他にも理由はある。Fタイプ自体の雰囲気に、懐かしさがある。

70年近い歴史を持つシボレー・コルベットは、エンジンの搭載位置をドライバーの前方から後方へと変化させた。しかし、FタイプのレイアウトはFRを維持している。

自動車の歴史に詳しい人に話を聞けば、コルベット誕生のきっかけを教えてくれる。第2次大戦中に、アメリカ軍がジャガーの前身となるSSカーズ社などが生み出した英国製スポーツカーを運転したことで、自国のスポーツカーを望んだのだ。

ジャガーは、シボレーよりスポーツモデルの歴史が長い企業の1つ。2020年も、1930年代と同じレイアウトで、スポーツカーを作っている。そんなFタイプは、筆者への訴求力がとても強い。

搭載するエンジンは3種類で、2種類はV8エンジン。素晴らしい。2021年のモデルイヤーを控えて、スーパーチャージャーで過給するV6エンジンは、欧州市場のラインナップから落ちた。

選択肢は、エントリーグレードに載る300psの4気筒ターボと2種類のスーパーチャージドV8。試乗したのは最高出力575psのユニットが載る、トップグレードのFタイプ R P575 AWDだ。

 
最新試乗記

人気記事