【手頃な市民のクルマの代表】フォルクスワーゲン・アップ1.0 廉価グレードに試乗

2020.03.22

サマリー

最も安価なフォルクスワーゲンが、WLTP値への対応に合わせてマイナーチェンジを受けました。EVの普及も進む中で、変わらず最高のシティカーの1台といえるのでしょうか。英国で評価しました。

もくじ

市民のクルマを体現したモデル
小柄で軽量な期待通りに軽快に走る
廉価さを感じさせないインテリア
かなり使えるシティカー
フォルクスワーゲン・アップ1.0 5ドアのスペック

市民のクルマを体現したモデル

text:Kris Culmer(クリス・カルマー)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
今選べるフォルクスワーゲンの中で、最も安価なモデルがアップ。1.0Lのアップは、フォルクスワーゲン、市民のクルマという社名を体現したモデルだといえる。つまり、ヴォルフスブルクの方向性が正しいことを示す、重要なモデルの1つとなる。

8年前にアップが登場した時、英国では7995ポンド(107万円)で購入できた。だが2016年のフェイスリフトと2020年のWLTP値への対応に合わせたアップデートを経て、最も安価なアップでも、英国価格は1万2440ポンド(167万円)へと上昇している。

フォルクスワーゲンUp! 1.0(英国仕様)
フォルクスワーゲンUp! 1.0(英国仕様)

実用的な5ドアの場合、1万2840ポンド(173万円)とさらに上昇。インフレが価格変更の主な原因だが、理由はエントリーグレードの仕様変更によるところもある。従来はテイクアップと呼ばれるグレードがあったが、それもなくなった。

英国のすべてのアップに標準装備されるのは、レーンキープアシストと、フロントとリアのカーテンエアバッグ、スマートフォンと連動するインフォテインメントシステムなど。

ダッシュボードには、ガッチリとしたスマートフォン用クレドールも追加されている。おそらく多くのユーザーは、スマートフォンの画面を用いるはず。大きなモニターを追加し、価格を上げる必要もない。

エアコンやフロントのパワーウインドウ、アルミホイールも、もちろん装備。15インチホイールも悪くないが、価格に合わせて16インチや、アップGTIでは17インチも選べる。

 
最新試乗記

人気記事