【唯一のオープン・クロスオーバー】VW Tロック・カブリオレ1.5 TSIへ試乗

2020.03.25

100字サマリー

Tロックに新しく追加となる、カブリオレ。フォルクスワーゲンのモデルで唯一のコンバーチブルとなるだけでなく、市場で選べる唯一のソフトトップ・クロスオーバーでもあります。英国編集部がドイツで評価しました。

もくじ

ゴルフ・カブリオレを間接的に置き換え
12秒で得られる開放的なドライビング体験
オープンには多少の歩み寄りも必要
フォルクスワーゲンTロック・カブリオレ1.5 TSIのスペック

ゴルフ・カブリオレを間接的に置き換え

text:Greg Kable(グレッグ・ケーブル)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
いま最も人気の高いクロスオーバーの1台が、フォルクスワーゲンTロック。普通に考えて、車重を増やし、ボディ剛性を下げ、汎用性を低めるというアイデアは、賢いものには思えない。

ところが、フォルクスワーゲンはそれを実行した。ゴルフ・カブリオレを間接的に置き換えることになる、Tロック・カブリオレ。フォルクスワーゲンのニュー・ビートルは生産終了となったから、フォルクスワーゲンとしては唯一のカブリオレでもある。

フォルクスワーゲンTロック・カブリオレ1.5 TSI (欧州仕様)
フォルクスワーゲンTロック・カブリオレ1.5 TSI (欧州仕様)

ソフトトップを組み立てるのは、伝統のカルマン社。ルーフを閉じれば、スタイリングのバランスはハードトップと同様に優れる。固定ルーフのフォルムを再現するように設計された、複層構造のファブリックを持つ。

ルーフを切り取り、ソフトトップを付けるため、プラットフォームには大きな変更を加えている。ホイールベースは37mmも延長。全長も34mm伸びている。

フロアパンやサイドシル、ドア、フロントガラス周辺は、ボディ剛性を確保するために強化。固定ルーフのTロックは4枚ドアだが、フレームレスの2枚ドアへと変更されている。Bピラーもなくなった。

プラットフォームの変更によって、車重は194kgも増えている。その重さは、走り出すと隠しきれない。

ターボ過給される1.5L 4気筒ターボ・ガソリンエンジンは、150psと25.3kg-mを発生。粘りがあり回転上昇も滑らかだが、走り出すと懸命に頑張らなければならない。シフトチェンジも頻繁に必要となる。

 
最新試乗記