【究極のメガーヌ対決】 R26R vs 275トロフィーR vs トロフィーRニュルブルクリンク・レコード・エディション 後編

2020.03.29

サマリー

ルノーが誇るハードコアなメガーヌ3世代を乗り比べてみました。R26Rに端を発するこのシリーズですが、古いモデルよりも新しいメガーヌの方が優れているのでしょうか? それぞれがニュルブルクリンク最速FF量産モデルに君臨したなかでも特別な1台を見つけ出します。

もくじ

ポルシェGTシリーズとの類似点
レコードパック仕様の価値
オリジナルが最高
各車のスペック
番外編:さらに特別 ホットなルノー製モデル5選

ポルシェGTシリーズとの類似点

もちろん、275トロフィーRとGT2 RSとは違う。

この2台の間には431psものパワーの差があるが、一方で究極のメガーヌとポルシェのGTモデルの間には類似点も存在している。

300トロフィーRのハンドリングはスタンダードモデルよりも自然に感じられる。
300トロフィーRのハンドリングはスタンダードモデルよりも自然に感じられる。

もっともパワフルなGT2 RS同様、もっとも過激な最新のメガーヌ300トロフィーRも、この3台のなかで最高の速さとハードコアさを誇ることに疑いの余地はないだろう。

このクルマも他の2台のメガーヌと同じコンセプトを引き続き採用している。

リアシートを取り払うことで軽量化を図っているものの、スタンダードモデルからパワーは引き上げられていない。

今回もっとも軽量化に貢献したのが、スタンダードな300トロフィーの予想不能なハンドリングの元凶となっていたリアのアクティブステアリングを撤去したことだ。

お陰でドライバーはすべてのステアリング操作にいかにこのクルマが反応し、まるで20ペンス硬貨をなぞるかの様にコーナーをクリアしていく様子に驚かされるに違いない。

だが、このクルマを手に入れる為には大量の20ペンス硬貨が必要だ。

もしかしたら、ルノーは比較的好調だった275トロフィーRのセールスに勇気づけられたのかも知れない。

他の誰よりも個人的に300トロフィーRを高く評価しており、このクルマの内容を考えれば、5万1140ポンド(706万円)という価格も十分納得出来るものだと考えている。

 
最新試乗記

人気記事