【愚かさと賢さの同居】いすゞDマックス・アークティック・トラックスAT35へ試乗

2020.03.30

サマリー

アークティック・トラックスが手掛けたいすゞDマックスAT35。大径オフロードタイヤを履き、リフトアップされていますが、英国では商用車扱いとなるピックアップです。2020年モデルを英国編集部が評価しました。

もくじ

大径オフロードタイヤにビルシュタイン
相当なインパクトの見た目を持つ商用車
最新ディフェンダーに匹敵する最低地上高
いすゞDマックス・アークティック・トラックスAT35のスペック

大径オフロードタイヤにビルシュタイン

text:Matt Prior(マット・プライヤー)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
今回紹介するのは、普通のピックアップとは少し違う。いすゞDマックスをベースにした、アークティック・トラックスの最新版、AT35だ。

過酷な環境にも耐えるオフローダーを生み出してきた、アークティック・トラックス社が手掛けたクルマ。フォードが高性能なレンジャー・ラプターを生み出す以前から、類を見ない技術力でピックアップを仕立ててきた歴史を持つ。

いすゞDマックス・アークティック・トラックスAT35(英国仕様)
いすゞDマックス・アークティック・トラックスAT35(英国仕様)

AT35が履くのは、17インチの10Jホイールに、フィンランドのノキアン製オフロードタイヤ。50mmストロークの長いサスペンションや、ビルシュタイン製のダンパーなどと合わせて、大きな特徴となる部分だろう。

タイヤの直径が大きくなったことと合わせ、車高は125mmもリフトアップ。ほかにも、オリジナルのサイドステップや、キルティング加工されたレザーシートなどを備える。

9.0インチのインフォテインメント用モニターと、前方のパーキングカメラも装備する。スマートフォンとミラーリングすることも可能。それ以外は、基本的にはDマックスの内容を保っている。

ボンネットの中には、いすゞ製の2.5Lの4気筒ディーゼルターボ・エンジンが納まる。最高出力163ps、最大トルク40.7kg-mを発生し、6速マニュアルか5速オートマティックを介して4輪を駆動する。試乗車は6速MTの方だった。

 
最新試乗記

人気記事