【4代目へとモデルチェンジ】新型登場 アウディA3スポーツバックへ試乗

2020.04.04

サマリー

4代目へとモデルチェンジしたアウディA3。より大胆なデザインに、豊富なグレード・バリエーション。運動性能も向上させ、新しいA3はこれまで以上に強い輝きを放つ存在となりました。スペインで英国編集部が評価しました。

もくじ

4代目へとモデルチェンジを果たしたA3
大幅に質感を高めたインテリア
感触の良いステアリングとサスペンション
再設計が全ユニットに施されたエンジン
優位性を高めたデザインとドライビング
アウディA3スポーツバック 35 TDI Sトロニック Sライン(欧州仕様)のスペック

4代目へとモデルチェンジを果たしたA3

text:Dave Humphreys(デイブ・ハンフリーズ)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
1999年に登場したアウディA3。初代から一貫して、少し保守的なファミリー層向けのハッチバックを体現してきた。

そんなA3が、いよいよ4代目へとフルモデルチェンジ。3ドアボディはなくなったが、5ドアのスポーツバックに目を引くデザインを与えている。

アウディA3スポーツバック 35 TDI Sトロニック Sライン(欧州仕様)
アウディA3スポーツバック 35 TDI Sトロニック Sライン(欧州仕様)

新しいフォルクスワーゲン・ゴルフやスコダ・オクタビアなどと同様に、新型A3が採用するのは、フォルクスワーゲン製の汎用性に優れたMQBプラットフォーム。パワートレインには、マイルド・ハイブリッドやプラグイン・ハイブリッドも用意される。

新世代のA3は、主に3種類のグレード構成が組まれる。スポーツとテクニック、Sラインで、それぞれ見た目のデザインがわずかに異なり、差別化されている。

テクニックとSラインの場合、ヘッドライトには15灯のLEDを配置。グレードごとに異なったライトの表情を作り、視覚的な違いを生んでいる。

Sラインの場合は、バンパー両端に開けられたエアベントにハニカム状のグリルを装着。ボンネットにはかつてのラリーカー、クワトロを想起させる3連のスロットが付き、見た目を引き締める。

トップ・トリムグレードのエディション1とフォーシュプルングは、発売後しばらくしてから登場するようだ。グレードを問わず、無駄のない艷やかなボディデザインだと思う。

ドアを開くと、様々な素材が贅沢に用いられたインテリアに、思わず目を奪われる。ダッシュボードは深みのある造形で、上下2段に分割されたように見える。ドライバー重視のレイアウトでもある。

 
最新試乗記

人気記事