【GTらしさが向上】ベントレー・コンチネンタルGTC V8に大谷達也が試乗 W12よりシャープ

2020.04.28

サマリー

新型ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブルに大谷達也が試乗しました。湧き上がる圧倒的なトルクが特徴のW12に対し、V8はよりシャープなレスポンスでバランスの取れたクルマになっています。

もくじ

刷新されたプラットフォーム
レスポンスに優れるV8エンジン
快適かつゴージャスなオープンモデル
どこまでも走り続けたくなる乗り味
ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブルのスペック

刷新されたプラットフォーム

text:Tatsuya Otani(大谷達也)

いまから3年前にデビューした3代目コンチネンタルGTには、それまでの2世代とは決定的に異なる点がある。クルマの骨格を形作るプラットフォームがまったくの別物なのだ。

初代と2代目コンチネンタルGTに用いられたプラットフォームはグループ企業のアウディが中心になって開発したMLB。これはアウディA8やQ7にも採用されたエンジン縦置き用のプラットフォームで、当然のことながらフルタイム4WDにも対応する。

ベントレー・コンチネンタルGTC V8
ベントレー・コンチネンタルGTC V8

従来のコンチネンタルGTはこれを生かし、ラグジュアリーカーながらフルタイム4WD専用モデルとして誕生。そして、フォルクスワーゲン・グループが誇る軽量コンパクトなW12エンジンはフロントアクスルにまたがるように搭載された。

前輪駆動で長い経験を有するアウディらしいレイアウトだ。ギアボックスはトルコン式ATを搭載する。

これに対して3代目はポルシェを中心に開発されたMSBを用いる。パナメーラにも採用されたこのプラットフォーム、スポーツ性を重視してエンジンのほとんどがフロントアクスルの後方に位置するフロント・ミドシップ的なレイアウトを用いるのがMLBとの最大の違い。

さらにギアボックスはDCTに置き換えられ、4WDのトルク配分機構はそれまでのトルセンから電子制御式に置き換えられ、トルクの前後配分を能動的に可変できるようになった。

これにあわせてエクステリア・デザインもよりシャープでスポーティなものに改められ、インテリアは上質さを増した。つまり、グランドツアラーとしての資質を全方位的にさらに高めたのが3代目コンチネンタルGTなのである。

 
最新試乗記

人気記事