【M8としての正解】BMW M8コンペティションへ試乗 624psのスーパーGT

2020.05.02

サマリー

新しい8シリーズへ加わった、BMW M8コンペティション。BMWとしては最速となる量産モデルですが、ライバルと比較した時に強く輝く特徴が薄い、とする英国編集部。英国の一般道で評価しました。

もくじ

BMW M8の中での正解
圧倒されるような走行性能
速度域が上がるほど個性が見えにくい
BMW M8コンペティション・クーペ(英国仕様)のスペック

BMW M8の中での正解

text:Matt Prior(マット・プライヤー)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
英国の道を初めて走らせた筆者は、このM8コンペティションこそ、正解のM8だと感じた。4ドアの8シリーズ・グランクーペと比べれば、ひと回り小さく軽量。コンバーチブルよりボディもしっかりしている。

大きなクーペは、ドアが2枚多いBMW M5と多くの点を共有する。搭載するエンジンは624psを発生させる4.4LのV8ツインターボで、四輪駆動。後輪駆動として走ることもできる。良い設定だ。

BMW M8コンペティション・クーペ(英国仕様)
BMW M8コンペティション・クーペ(英国仕様)

BMW製の大型モデルで共通するプラットフォームは、5シリーズと7シリーズ、8シリーズを支える。M8クーペは、M5よりホイールベースが短い。車高は10mm低く、1885kgという車重を支えるため、サスペンションは引き締められている。

リアトレッドは38mm広く、サブフレームはボディシェルへしっかり固定されている。ボディ剛性はかなり高い。スーパーGTと呼ぶに相応しい内容だといえる。しかも、過去最速のBMWであるという事実に違わない、価格が付く。

ライバルの数は少なくない。ポルシェ911にベントレー・コンチネンタルGT、メルセデスAMG GTとアウディR8。マクラーレンGTとも対峙することになる。

シートレイアウトは2+2。つまり1台で多くをこなせる。週末はサーキットへ行くことも含めて、日常的に楽しめるよう設計されたクルマだ。英国以外では、コンペティション仕様ではない、マイルドなM8も購入できる。

 
最新試乗記

人気記事