【世界最高モデルの最有力】ベントレー・フライングスパー 6.0L W12気筒 後編

2020.05.25

サマリー

贅沢で洗練されているだけでなく、際立つ走行性能も兼ね備えたフライングスパー。世界で最高のクルマと表現したくなる内容だと、英国編集部は評価します。昨年初めのモナコに続き、英国の道でじっくりと評価しました。

もくじ

筋肉質で新鮮なボディデザイン
クリーミーでスムーズなW12エンジン
ベスト・オブ・ベストの有力候補
ベントレー・フライングスパー(英国仕様)のスペック

筋肉質で新鮮なボディデザイン

text:Steve Cropley(スティーブ・クロップリー)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
新しいベントレー・フライングスパーのスタイリングは、ステファン・セイラフが率いる、英国クルーのデザインスタジオによるもの。先代以上の素晴らしい優雅さを漂わせている。プラットフォーム開発段階からの協力により、ボディのプロポーション自体が理想的なものになっている。

フロントタイヤは、先代比で152mmほど前方に移された。フロント・オーバーハングを短縮し、デザインを美しくまとめているだけでなく、ハンドリングも向上させている。

ベントレー・フライングスパー(英国仕様)
ベントレー・フライングスパー(英国仕様)

加えて、うねるように筋肉質なボディの面構成が、新しいフライングスパーの見た目に強い新鮮味を生んでいる。内に秘めたパワーを、身体で表現しているかのようだ。

今回の試乗車は初期の特別仕様で、3万7000ポンド(492万円)のファースト・エディション・パッケージが付いている。ベントレーで選びたい、ほとんどのオプション装備が盛り込まれている。

回転式のダッシュボード・モニターほのか、縦横無尽に選べるカーペットとトリム、ステッチ、照明、エンブレムにステアリングホイール。クルーのスタジオや大都市のディーラーで、1日は掛けて悩めるだろう。

そうしてコーディネートされたフライングスパーは、世界で最もラグジュアリーな空間となる。最上級のレザーで覆われた車内には、まばゆい金属製パーツが散りばめられる。もちろん、金属に見える部分は、ちゃんと金属だ。

 
最新試乗記

人気記事