【活発で快適、親しみやすい】新型 メルセデス・ベンツGLA 220dへ試乗 

2020.05.27

コンフォートさもスポーティさも向上

乗り心地も、初代GLAからはるかに良くなった。サスペンションは硬めながら減衰力は充分。近年のメルセデス・ベンツ製コンパクトモデルに共通する特性でもある。

オプションのアダプティブ・ダンピングコントロールと、扁平率60のタイヤが試乗車には組み合わされていたが、不快な振動を見事に吸収してくれていた。ロードノイズも充分に静かだ。

メルセデス・ベンツGLA 220d 4マティック(欧州仕様)
メルセデス・ベンツGLA 220d 4マティック(欧州仕様)

オンロードでのGLA 220dのマナーは、ダイナミックセレクト機能で変化させることも可能。多様なドライビング体験と品質が味わえる。先代と比べても、コンフォートさもスポーティさも、しっかり高められている。

Aクラスのハッチバック以上の実用性を備えた、新しいGLA。魅力的に感じる人も多いだろう。今回試乗したGLA 220d 4マティックは、長距離を頻繁に走り、四輪駆動の安定したハンドリングを求めるドライバーに向いている。

都市部を中心に運転するユーザーの場合は、前輪駆動のエントリー・グレードの方がより適している。あるいは環境負荷を考えるなら、プラグイン・ハイブリッド版もある。純EV版も、追って登場する予定だ。

メルセデス・ベンツGLA 220d 4マティック(欧州仕様)のスペック

価格:3万8165ポンド(507万円)
全長:4410mm
全幅:1834mm
全高:1616mm
最高速度:218km/h
0-100km/h加速:7.3秒
燃費:17.5km/L
CO2排出量:149g/km
乾燥重量:1540kg
パワートレイン:直列4気筒1950ccターボチャージャー
使用燃料:軽油
最高出力:190ps/3800rpm
最大トルク:40.7kg-m/1600-2600rpm
ギアボックス:8速オートマティック

 
最新試乗記

人気記事