【攻め込んでこそ光る素質】フォード・フィエスタST マウンチューンM235へ試乗

2020.06.05

サマリー

フォード・フィエスタSTは、素の状態でも手頃な価格のハイパフォーマンス・ハッチとして、高い人気を得ています。そこへ英国のチューナー、マウンチューン社が手を加えるとどんなクルマになるのか、英国編集部が確かめました。

もくじ

1.5L 3気筒ターボから235psを獲得
選べるチューニングパーツ
実際の道路環境で最も扱いやすいモデル
郊外の一般道を楽しみ尽くせる
攻め立てれば最高の味わいを引き出せる
フォード・フィエスタST マウンチューンM235(英国仕様)のスペック

1.5L 3気筒ターボから235psを獲得

text:Richard Lane(リチャード・レーン)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
どの時代の、どの価格帯のモデルでも、ワイルドなハイパフォーマンス・モデルを味わうには、攻め込む必要がある。時には、インリフトするほどに。

親しみやすく毎日乗れるコンパクトカーへ、最もホットなエンジンを求めるドライバーが選ぶ、フォード・フィエスタST。マウンチューン社はそこへ、最新のチューニングメニューを施した。

フォード・フィエスタST マウンチューンM235(英国仕様)
フォード・フィエスタST マウンチューンM235(英国仕様)

アフタマーケット製キットとしての英国価格は、890ポンド(11万8000円)。1.5Lの3気筒ガソリンエンジン、エコブーストから、内部構造の強化なしに得られる上限に近いパフォーマンスを引き出している。

最高出力は199psから235psへと向上し、最大トルクは6.0kg-mが加算され35.6kg-mに。0-100km/h加速を6秒以内でこなし、中回転域では明確に高められた動力性能を体感できる。

ハードウェアの変更は比較的控えめ。それが価格にも反映している。アルミニウム製のエアクリーナー・ボックスとハイフロー・エアフィルター、吸気側アンダー・ホースといったレシピだ。

OBDコネクターに装着される、専用スマートフラッシュ・ドライブがカギ。安全領域が確保された、マウンチューンのエンジンマッピングで制御する。

ソフトウエアは、スマートフォンからオン・オフが自由。思わず一緒に導入したくなる、排気系のチューニングは残されている。

基本的なフィエスタST マウンチューンM235ならこれで終わりだが、今回の試乗車はマウンチューン社の開発用デモ車両。ふんだんに用意されるチューニング・メニューが、全部乗せの状態になっている。

 
最新試乗記

人気記事