【悩ましい8代目の変化】フォルクスワーゲン・ゴルフ1.5 TSIへ英国試乗 前編

2020.06.07

サマリー

フォルクスワーゲンが強く存在感を示してきた、ゴルフ。8代目はこれまで以上に若々しくモダンなデザインを獲得しています。一方で、先代までの優位さは薄らいだとする英国編集部。1.5Lのガソリンターボを試乗しました。

もくじ

新しい表情を獲得したフロント・デザイン
トーションビームのリアサスに130ps
デジタル化が一気に進んだダッシュボード
コストの制限を感じさせる車内

新しい表情を獲得したフロント・デザイン

text:Matt Saunders(マット・ソーンダース)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
8代目へと生まれ変わったフォルクスワーゲン・ゴルフ。ファミリー・ハッチバックの市場をリードし、カテゴリーを定義してきたモデルだ。われわれの期待も、かなり高い。

最新のゴルフは、先代の7代目と同じプラットフォームをアップデートして用いている。ボディサイズも大きくは変わらない。エンジンやトランスミッションも、先代の改良版を搭載するグレードが存在する。

フォルクスワーゲン・ゴルフ1.5 TSI 130ライフ(英国仕様)
フォルクスワーゲン・ゴルフ1.5 TSI 130ライフ(英国仕様)

かといって、単純な先代の焼き直しではない。8代目のゴルフは明確に、良くも悪くも、変化している。

ボディの見た目やインテリアの作り込み、ドライビング体験。ゴルフがはらむリスクは大きい。多くのユーザーが実際に運転し、ネットを通じてさまざまな評価が下されるはず。ソーシャルメディア時代に生まれたゴルフだ。

控えめなデザインとモデルの位置づけは変わらないが、欧州ではクルマの中心的な存在ではなくなるだろう。過去数十年に渡って、力強く欧州大陸で販売台数を稼いできたモデルだったのだが。

8代目ゴルフは、4代目からワッペングリルを得た5代目への進化以上に、大きなスタイリングの変化が与えられている。最近、市街地で新しいゴルフだと目を奪われたのはいつだろう。

クルマのプロポーションは従来どおりゴルフ。特にリア周りのデザインは、ゴルフらしい。一方で顔となるフロント周りは、新しい表情を獲得している。

 
最新試乗記

人気記事