【家族代々のホットロッド】1934年製レオ・フライング・クラウドをレストモッド 前編

2020.06.28

サマリー

1934年製のレオは、現オーナーのアル・パークスが生まれる前から、70年以上も家族の一員。2度のリビルドを経て、新車時以上の状態を保っています。現代の交通事情にも対応できる、珍しい米国製クーペをご紹介しましょう。

もくじ

ホットロッドに乗ると決めた20代
子供の頃は遊具になっていたレオ
乾燥した気候が保った木製部品
ランブルシート付きのデラックス・クーペ

ホットロッドに乗ると決めた20代

text:Paul Regan(ポール・レーガン)
photo:Will Williams(ウィル・ウイリアムズ)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
1973年、アル・パークスはいまが潮時だと決意した。実家の外で、彼の父が長年愛車にしてきたレオ・フライング・クラウドは、ぼやけた金属の塊と化していた。

アメリカ・ミシガン州、デトロイトの西にある街、アナーバー。アル・パークスはガソリンと点火プラグをこよなく愛するクルマ好き。記憶にある限り、レオ・フライング・クラウドの走っている姿を、それまで見たことはなかったという。

レオ・フライング・クラウド 170デラックス・クーペ(1934年)
レオ・フライング・クラウド 170デラックス・クーペ(1934年)

当時、アル・パークスは20代初め。アメリカンドリームを掴むチャンスは無数にあった。ファーストフードのマクドナルドでのキャリアを積むために、大学を中退。企業人としての一歩を、進み初めた時期でもあった。

パークスは、ドライブスルーにしばしばやってくる、V8エンジンを積んだ時代物のホットロッドに乗ると心に決めていた。彼の父、ドン・パークスは、エンジニア。機械的な知識は、常に身近な距離にあった。

レッカー車の力を借りずに、ドン・パークスがレオを自宅前から動かしたのは、1953年が最後。フロントバンパーは曲がり、フェンダーも凹んでいた。家族が増え、修理より定員の多いクルマを買う方が、正しい選択肢だった。

それ以来、レオは眠りについた。パークス一家が引っ越した1度以外、目覚めることはなかった。20年後の1973年、レオの直列6気筒エンジンへ久しぶりにガソリンが送られるまで。

 
最新試乗記

人気記事