【現行BMW製モデルのベスト】BMW M2 CSへ試乗 F87型のグランドフィナーレ 後編

2020.06.29

サマリー

モデル末期のM2へ、CSが登場。価格は上乗せされていますが、走る楽しみもしっかり上乗せできているようです。秀逸なM2コンペティションを超えることは可能だったのか、英国編集部がドイツのサーキットで評価しました。

もくじ

アダプティブダンパーの装備は正解
M2コンペより明確なアドバンテージ
強力で感触も確かな大径ブレーキ
2020年のベスト・ドライバーズカーの1台
BMW M2 CS(欧州仕様)のスペック

アダプティブダンパーの装備は正解

F87型のBMW M2は、モデルライフ末期にある。それでも、シャシーの完成度は鮮烈なまま。前後の重量配分は50:50と理想的。各所に追加された補強ブレースの助けもあり、魅力的で味わい深いハンドリングを実現している。

サスペンションは大幅に改良を受け、M2としては初めて、アダプティブダンパーが標準装備された。ダイレクトで粘り強い走りを支えている。バランスも秀逸だ。

BMW M2 CS(欧州仕様)
BMW M2 CS(欧州仕様)

卓越したニュートラルさを獲得している、ミドシップのケイマンGT4ほどではない。しかしFRモデルで見れば、M2 CSに並ぶ究極ともいえる操縦性の精度を備えるモデルは、極めて少ない。

周回を重ねていくと、特に高速コーナーで、わずかにアンダーステアが残っている。アクセルペダルの力を緩めるか、ブレーキペダルを踏み込むことで、ラインを戻せる。

BMW M部門の開発を率いるディルク・ヘッカーの話では、これは意図的なもの。ドライバーへ危険性を知らせるためだという。

試乗したザクセンリンク・サーキットを走り込むほどに、M2 CSへアダプティブダンパーを装備させたのは正解だったと理解できる。M2コンペティションよりボディの動きはシャープで、ロールも制御できている。フラットな姿勢を保ち、コーナリング特性は引き上げられている。

コーナーで有効さがわかるのが、軽量なカーボンファイバー製ルーフ。単なるファッションアイテムではない。

 
最新試乗記

人気記事