【意識せずに乗れる電気自動車】ヴォグゾール(オペル)・コルサ-eへ試乗

2020.07.09

サマリー

ヴォグゾール(オペル)・ブランドとしては初リリースとなる純EVのコルサ-e。英国人にとって、コルサは免許をとって初めて乗るような、親しみのあるクルマ。純EVとなっても、その近づきやすさに変わりはないようです。

もくじ

プジョー208と基本的な構成は共有
親しみのある見慣れたコルサ
充分に力強く、落ち着いた走りの質感
電気自動車と意識せずに選べる
ヴォグゾール(オペル)・コルサ-e 7.4kW エリート・ナビ(英国仕様)のスペック

プジョー208と基本的な構成は共有

text:Mark Tisshaw(マーク・ティショー)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
ヴォグゾール(オペル)から新しくリリースされた、純EVのコルサ-e。目下、英国では一番売れている電気自動車となっている。

挑戦的な価格を下げ、同時期にリリースされた純EVのライバルたちと比べても遜色ない航続距離を確保。見た目も良く、ショールームでの誘目性も充分にある。

ヴォグゾール(オペル)・コルサ-e 7.4kW エリート・ナビ(英国仕様)
ヴォグゾール(オペル)・コルサ-e 7.4kW エリート・ナビ(英国仕様)

免許をとって初めて乗るクルマ、というイメージを英国で長年築いてきたヴォグゾール・コルサ。多くの英国人にとって、初めてのEVがコルサ-eということにもなりそうだ。

今年の始め、まだ国の間の行き来が自由だった頃、ドイツでコルサ-eへ試乗した。とても大きな感銘を受けた。それから数ヶ月。予定より少し遅れたが、ガソリンから電気へ、給油ノズルから充電プラグへ、エネルギー源を切り替える準備は、英国でも整ったようだ。

この6代目となるコルサは、何度かAUTOCARでも取り上げている。オペル・ヴォグゾールの経営母体がGMからグループPSAへ切り替わり、完成半ばだったクルマを短時間で設計し直した、最新型だ。

プジョー208の兄弟モデル的な位置づけとして、記録的なスピードで量産までこぎつけた。新しいプジョー208と基本的な構成は共有し、ガソリンとディーゼルエンジンのほかに、純EV版もラインナップする。

 
最新試乗記

人気記事