【3000台限定の最速ミニ】3代目ミニJCW GPへ英国試乗 306psに45.8kg-m

2020.07.11

サマリー

量産ミニで過去最速の性能を誇るジョン・クーパー・ワークスGP。306psの最高出力による0-100km/h加速は、わずか5.2秒。感心する数字が並びますが、実際の走りも同じくらい印象深いのか、英国で評価しました。

もくじ

量産ミニの中で過去最速のJCW GP
レーシーな見た目に勇ましいサウンド
ぎこちない乗り心地と忙しないトルクステア
理想は初代のミニJCW GP
ミニ・ジョン・クーパー・ワークス(JCW) GP(英国仕様)のスペック

量産ミニの中で過去最速のJCW GP

text:Matt Prior(マット・プライヤー)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
たまたま、筆者は同じ日にミニ・ジョン・クーパー・ワークス(JCW)GPと、ポルシェ・カイエンGTSクーペへ試乗した。ライバル関係にある2台ではない。

数字的な違いは面白い。カイエンGTSクーペは、車重2.2tもあるファミリー向けSUV。最大牽引重量は3.5tもある。一方のミニJCW GPは2シーターのハッチバック。車重1255kgだが、306psもあるストリートレーサーだ。

ミニ・ジョン・クーパー・ワークス(JCW) GP(英国仕様)
ミニ・ジョン・クーパー・ワークス(JCW) GP(英国仕様)

両極端な2台だが、どちらがドライバーズカーとして優れているだろう。

このミニJCW GPは、3代目。3000台の限定生産で、英国へは575台が入ってくる。日本への導入は240台だという。

最初にJCW GPを名乗るミニが登場したのは、2006年。赤いドアミラー・カバーにLSDを採用。リアシートは省かれ、追加される部品以上の仕上がりを獲得していた。

続く2代目の登場は2013年。英国のファンからはGP2と呼ばれている。素晴らしい走りを獲得していたものの、価格も相応に上昇していた。そして2020年に登場したのが、3代目だ。

エンジンは通常のJCW GPと同じ、4気筒ターボエンジン。最高出力は306ps、最大トルクは45.8kg-mへと増強されている。標準のJCW GPと比較すると、75psと13.5kg-mもたくましい。

ECUの変更だけでなく、強化クランクに新しいピストン、コンロッドが組まれている。ターボチャージャーも大型のもので、冷却系も強化された。

歴代のJCW GPがそうだったように、3代目もこれまでの量産ミニの中で過去最速。記録は更新され、0-100km/h加速は5.2秒で、最高速度は264km/hに達した。ただし、速いことと楽しいこととは、別の問題ではある。

 
最新試乗記

人気記事