【世界で最も売れるSUVの1台】ホンダCR-V(1) ハイブリッド版を長期テスト

2020.07.12

サマリー

世界で最も売れているSUVの1台が、ホンダCR-V。5代目も従来どおり快適で洗練され、車内は広々。一方で新しくハイブリッドを獲得したことが特徴です。期待通りの仕上がりなのか、長期テストで英国編集部が確認します。

もくじ

初回 新スタイルのSUVとしてのパイオニア
2.0L 4気筒に2モーターのハイブリッド
エントリーグレードでも装備は充実
初代同様の存在感を示せるか
セカンド・オピニオン
テストデータ

初回 新スタイルのSUVとしてのパイオニア

text:Mitch McCabe (ミッチ・マッケイブ)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
初代ホンダCR-Vが登場したのは1995年。現代的な新スタイルのSUVとして、パイオニア的な存在だった。

必ずしも四輪駆動である必要がないユーザーに対し、SUVへ求める不足ない実用性を与えてくれた。当時のCR-Vの荷室床面はピクニック・テーブルになったり、テールゲートを開けて、12Vソケットからシャワー用ポンプを動かすことも可能だった。

ホンダCR-V 2.0i-MMDハイブリッドSR AWD eCVT(英国仕様)
ホンダCR-V 2.0i-MMDハイブリッドSR AWD eCVT(英国仕様)

異彩を放っていたのが、無骨なオフロード・モデルではなく、乗用車に似たドライビング体験を得られたこと。トヨタRAV4やランドローバー・フリーランダーも同様だ。

初代の登場から25年。5代目へと進化を続けてきたホンダCR-Vは、世界で最も売れているSUV、という称号も獲得。SUVらしいボディサイズと使いやすいインテリア、走りの面でも妥協のないブレンドが、SUV人気の急速な高まりを後押してきしたといえる。

今回の長期テストでは、AUTOCARのビデオクルーにも積極的に利用してもらおうと考えている。CR-Vの荷室はビデオ機材でいっぱいになり、何度も機材の積み下ろしが繰り返されることになる。

ビデオクルーは、ロンドン南西部のAUTOCARの事務所から、全国のロケ地へ機材を積んで遠征する。長距離移動の中で、CR-Vの実用性や快適性、経済性もしっかり確かめられるはず。

発売当時、ライバルは数える程度だったCR-V。現在比べられるモデルは、無数にある。

 
最新試乗記

人気記事