【世界で最も売れるSUVの1台】ホンダCR-V(1) ハイブリッド版を長期テスト

2020.07.12

エントリーグレードでも装備は充実

i-MMDとは、ホンダのインテリジェント・マルチモード・ドライブ・システムの略。エコノミー、ノーマル、スポーツ・モードを備える、ハイブリッド・システムだ。

エコノミー・モードでは、ステアリングホイール裏のシフトパドルを用い、減速時のエネルギー回生量を調整できる。電気モーターのみか、エンジンのみか、ハイブリッドか、選択しているモードやアクセルペダルの開度を判断して、動力源を自動で制御してくれる。

ホンダCR-V 2.0i-MMDハイブリッドSR AWD eCVT(英国仕様)
ホンダCR-V 2.0i-MMDハイブリッドSR AWD eCVT(英国仕様)

AUTOCARの立体駐車場では、電気の力のみで走行できた。一方で英国東部、ノーフォークへのテストドライブでは、エンジンと電気モーターが協働して走る場面が多かった。

従来的な自動車に思われがちな見た目のCR-Vだが、印象深いドライビング体験を提供してくれた。今後かなりの距離を走ることになるが、印象の変化も気になるところ。

トリムグレードは、英国ではSRと呼ばれるもので、装備は充実している。シートヒーターに電動ランバーサポート、キーレスエントリー、9スピーカーのサウンドシステムも付いている。

インフォテインメント・システムは7インチのタッチモニターで、バックカメラも搭載。スマートフォンのミラーリング機能と、ブラインドスポット警告機能もエントリーグレードから装備されている。

長期テスト車で選んだオプションは、プレミアム・クリスタル・レッド塗装のみ。価格は850ポンド(11万円)だ。車両価格は3万4470ポンド(455万円)から、オプション分だけ、3万5320ポンド(466万円)へ若干増えている。

 
最新試乗記

人気記事