【若々しく活発なホットハッチ】スズキ・スイフト・スポーツ(最終回) 長期テスト

2020.08.01

サマリー

歴代で初めて、ターボエンジンを搭載した新型スズキ・スイフト・スポーツ。クラス・ベストのライバルと競える、運転が楽しくシンプルなホットハッチという個性のままなのか、長期テストで英国編集部が確認します。

もくじ

積算1万2869km 明るいLEDヘッドライト
最終回 スズキが生んだ個性的な1台
若々しく活発なホットハッチ
不満も少なくないが、運転の楽しさで勝る
次に選ぶべきクルマが難しい
セカンドオピニオン
テストデータ

積算1万2869km 明るいLEDヘッドライト

text:James Attwood(ジェームス・アトウッド)/Matt Burt (マット・バート)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
暗い夜でも、スズキの明るさが際立つ。といっても、黄色いボディではなく、LEDヘッドライト。

コンパクトカーにも明るいLEDライトが普及することは、良いことだと思う。対向車の接近だけでなく、路面もクリアに照らしてくれる。

スズキ・スイフト・スポーツ(英国仕様)
スズキ・スイフト・スポーツ(英国仕様)

最終回 スズキが生んだ個性的な1台

スズキは近年、個性的なクルマづくりで調子が良いように見える。サスペンションやハイテクなエンジン、シャープなハンドリングといった部分ではなく、コンセプトや性格的な魅力という側面で。

クロスオーバーのイグニスも悪くない。ジムニーも、ほかにはない個性がある。そして長期テストで乗ってきた、スイフト・スポーツもその1台。長期テストをこのように締めくくれてうれしい。

スズキ・スイフト・スポーツ(英国仕様)
スズキ・スイフト・スポーツ(英国仕様)

ホットハッチといえば、スリリングな走りで、ドライバーの気持ちを鼓舞してくれるクルマだ。スズキ・スイフト・スポーツも同様。性格付けやエネルギッシュさといった部分が、ドライバーをさらに笑顔にしてくれる。

確かに、走行性能や車内の知覚品質といった部分は、ホットハッチのクラストップに並ぶことは難しい。走り始めるとすぐに、気になるところが出てくる。

しかしスイフト・スポーツを5分も運転すれば、楽しく親しみやすいクルマだと考えが変わる。それは、初対面のときも同様だった。ダブリン空港からAUTOCARの事務所まで、ウェールズに広がる道を遠回りした。必要以上に長い時間の運転になった。

 
最新試乗記

人気記事