【ほぼ、世界最高のFRマシン】BMW M2 CSへ試乗 F87型最後を飾る限定モデル 前編

2020.08.06

サマリー

歴代、BMW MのCSといえば、最もエキサイティングなモデルであり続けてきました。では、大きく価格が上昇した限定モデル、M2 CSの仕上がりはいかに?英国編集部がピリリと辛口評価を下します。一般道で試乗しました。

もくじ

現行M2、最後で最高の派生バージョン
車重はM2コンペティションと同等
450psのエンジンはM4由来のS55型
1t当たり300psの高性能を体感する

現行M2、最後で最高の派生バージョン

text:Richard Lane(リチャード・レーン)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
毎日のように行われる試乗評価。AUTOCARの英国スタッフが、メーカーへ試乗車を直接受け取りに行くことも珍しくない。

決して手間だと思うことはない。むしろ、興味を抱かせてくれる面白い発見があったりする。公の目には顕になっていない、次期モデルを見れることもある。あるいは周囲の注目を集め、首脳陣がライバル視するモデルの姿も。

BMW M2 CS(英国仕様)
BMW M2 CS(英国仕様)

どんな発見があるかわからないから、メーカー本社を訪れる時は注意が欠かせない。ロンドンの西、ファーンバラの街にあるのが、BMW UKの本社。今回はアップデートを受ける5シリーズの実車を初めて目撃できた。また、新しく生まれ変わる4シリーズの姿も。

それだけではない。M2 CSの隣に停まっていたのは、バットモービルと呼ばれた1973年製のBMW 3.0 CSLと、M3 CSLだった。興味を惹かれずにはいられない、Mディビジョンが生み出した傑作の2台だ。

BMW M2 CSは、現行のM2としては最後で最高の、派生バージョンとなる。現在のBMWの中では、最高のドライビングマシンだと思う。もし、この3台の中から1台に乗れるとしたら、どれを選ぶだろう。

おっと、今回はBMW M2 CSの試乗だった。英国の一般道で初めての試乗評価となる。検討している人々へ、充分なイメージを持っていただく必要がある。英国価格、7万5320ポンド(1016万円)に見合う価値があるかどうか。

 
最新試乗記

人気記事