【ほぼ、世界最高のFRマシン】BMW M2 CSへ試乗 F87型最後を飾る限定モデル 後編

2020.08.07

サマリー

歴代、BMW MのCSといえば、最もエキサイティングなモデルであり続けてきました。では、大きく価格が上昇した限定モデル、M2 CSの仕上がりはいかに?英国編集部がピリリと辛口評価を下します。一般道で試乗しました。

もくじ

コーナーで実感するコンペティションとの差
世界最高に仕立てられたFRモデル
もし、さらに軽量に仕上がっていれば
BMW M2 CS(英国仕様)のスペック

コーナーで実感するコンペティションとの差

text:Richard Lane(リチャード・レーン)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
BMW M2 CSの少し硬めの乗り心地と、ガッシリとしたステアリングホイールの操舵感が組み合わさり、ドライビング体験の刺激度は高い。ステアリングやエンジン、サスペンションの設定が、最も快適側の設定でも。

一方で、M2コンペティションとの違いが、大きいわけでもない。その差を感じるには、少し長めに高速でドライブする必要がある。

BMW M2 CS(英国仕様)
BMW M2 CS(英国仕様)

M2コンペティションは、ソリッドマウントされたリア・サブフレームとボールジョイントのサスペンションによって、アクティブなリアタイヤの挙動を引き出していた。さらにM2 CSでは、リア周りの安定性が高められている。

M2 CSで、サルーンのように背の高い箱型ボディの存在を感じるのは、相当な速度域でチャレンジングな道を攻めたときくらい。路面の隆起部分などを通過した際、ポルシェ・ケイマンGT4より、サスペンションがボディをなだめるのに若干の時間を要するようだ。

あくまでも限定的な場面で、残りの道は、周囲を驚かせるような速度と処理力で突き進む。M2 CSの違いを明確に感じられるのは、コーナーへの進入時だろう。

アクティブMディファレンシャルによって、驚異的な精度と機敏さで、フロントノーズの向きを変えていく。リアタイヤが不安定になるほどシャープではない、絶妙のバランスだ。ミシュラン製のタイヤと、徹底的に引き締められた姿勢制御もそれを支えている。

 
最新試乗記

人気記事