【2CVとDSの間に生まれた優等生】シトロエンGS 187万台のビッグヒット 後編

2020.08.08

サマリー

未来的なDSと、古典的な2CVの間を埋めるべく登場したGS。シトロエンを救うことになったコンパクト・モデルの誕生から50年。初期モデルのピュアなデザインを改めて見ると、知的な印象さすら感じさせます。

もくじ

欲張りすぎないシンプルなデザイン
運転の喜びの大部分を占めるハイドロ
軽快に吹け上がるフラット4
短距離選手ではなく長距離選手
シトロエンGS(1970年〜1979年)のスペック

欲張りすぎないシンプルなデザイン

text:Jon Pressnell(ジョン・プレスネル)
photo:Olgun Kordal(オルガン・コーダル)/Giles Chapman Archive(ジャイルズ・チャップマン・アーカイブ)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
1970年に発売されたシトロエンGSの力で、シトロエンの年間生産台数は1971年には13万台へと増加。さらに1972年には、6万5000台を上乗せしている。

GSは、すぐにブランドの主力モデルへと躍り出た。販売の好調さは続き、述べ190万台近くを製造。1979年にハッチバックのGSAとして改良を受け、さらに50万台が生み出された。欧州では1986年まで製造が続いた。

シトロエンGS(1970年〜1979年)
シトロエンGS(1970年〜1979年)

1987年にインドネシアで300台のGSAバンが作られたところで、GSは幕を閉じる。販売台数で見ると、概ね1978年までは毎年のように増加傾向にあった。

素晴らしい評価を集めたGSだったが、開発から時期を経ていたGSAでは振るわなかった。1299ccのフラット4に、知的なダッシュボードとインパネのデザインを得ていても、筆者の気持ちを掴むのは初期のGSの方だ。

細いクロームメッキのバンパーに、ハニカムのグリルと質素なテールライト。欲張りすぎていないシンプルなデザインは、控えめな上品さがある。

今回登場を願ったボブ・モルダーの1015ccエンジン・モデルは、1972年製。初代オーナーは、1990年代までは愛用していたが、それから2017年まで納屋で眠らせていたらしい。

「祖父がシトロエンCXに乗っていたのですが、わたしはシトロエンに興味が湧きませんでした」 と話すモルダー。オランダで暮らす彼は、2019年にGSを購入したばかり。

「今までポルシェを好んで乗っていました。ですが、GSのデザインに強く惹かれたんです。タイムレスな美しさがあり、気取った感じがありません。ミドル・クラスらしいモデルです」

 
最新試乗記

人気記事