【Aクラスより小回りが効く】メルセデス・ベンツSクラス・プロトタイプへ試乗

2020.08.12

サマリー

メルセデス・ベンツのフラッグシップ・サルーンがモデルチェンジ。よりドライバーへ焦点が向けられた次期Sクラスは、同クラスのリーダー的地位を守れるでしょうか。英国編集部がドイツで、試作車のリアシートに試乗しました。

もくじ

標準のSクラスとして初の四輪操舵
混雑する都市部でも大幅に運転しやすい
ボディの60%はアルミニウム製
インテリアの新しい技術水準

標準のSクラスとして初の四輪操舵

text:Greg Kable(グレッグ・ケーブル)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
メルセデス・ベンツは、7代目のSクラスでラグジュアリー・サルーンの動的性能へ革命を起こす、と表明している。過去のSクラスで、最もドライバーに焦点が向けられたモデルになるようだ。発表は2020年の9月、英国での発売は2021年初めとなる。

7代目では、AMG仕様を除くSクラスとして初めて四輪操舵システムを搭載。機敏なシャシー・セッテイングが与えられる。

メルセデス・ベンツSクラス・プロトタイプ
メルセデス・ベンツSクラス・プロトタイプ

ちなみにアウディA8やBMW 7シリーズでは、すでに四輪操舵が採用されている。この3台で現状最もドライバー・オリエンテッドなのは、7シリーズだといえる。

ライバルモデルの場合、後輪の舵角は数度程度に留まるのに対し、Sクラスのシステムでは最大で10度も角度が変えられるという。設定には2種類が用意されるそうだが、この舵角は大型の商用車並みの数字となる。

Sクラスのチーフエンジニア、ユルゲン・ヴァイシンガーによれば、現行モデルの最小回転直径が10.2mなのに対し、7代目Sクラスでは2.0mも小さくなっているとのこと。アウディA8の場合、ダイナミック四輪操舵システムを備えていても、11.4mもある。

新しい四輪操舵システムによって、都市部での取り回しが良くなるだけでなく、高速域での安定性も大幅に向上するとヴァイシンガーは自信を見せる。

 
最新試乗記

人気記事