【すべてが先代以上】最新8代目 フォルクスワーゲン・ゴルフGTIへ試乗 後編

2020.08.14

サマリー

いよいよホットハッチの雄、フォルクスワーゲン・ゴルフGTIが公道へ降り立ちます。専用のエンジンとシャシー・セッティングは、8代目ゴルフの魅力をどこまで高めているのでしょうか。英国編集部がドイツで評価しました。

もくじ

日常的に乗りやすく、とてつもなく楽しい
スポーティでありながら優れた洗練性
これまで以上に速く、これまで以上に快適
フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(欧州仕様)のスペック

日常的に乗りやすく、とてつもなく楽しい

text:Greg Kable(グレッグ・ケーブル)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
フォルクスワーゲンは、ゴルフGTIが極端なモデルにならないように、代々注意してきた。これまで、多くの人にとって運転しやすいということも、魅力の1つになってきた。

新しいGTIも、その性格は受け継いでいる。動的性能は、親しみやすい味付けにしてある。市街地では日常的に乗りやすく、郊外の空いた道に出れば、とてつもなく楽しい。


フロントがマクファーソンストラット式、リアがマルチリンク式となるサスペンション構成は7代目からのキャリーオーバー。標準の8代目ゴルフと比較して車高は15mm低く、エンジンと同様、細かな進化が与えられている。

アルミニウム製のサブフレームは、スチール製だった先代より3kg軽量化させつつ、剛性を向上。リア側へ掛かる負荷割合も高められ、スプリングレートはフロントで5%、リアで15%強化されている。

タイヤは標準のGTIで17インチのホイールに、幅225サイズのブリヂストン・ポテンザを履く。オプションで18インチか19インチが選べるが、そちらは幅が235へ広くなる。

8代目ゴルフGTIが採用する、フォルクスワーゲン製の7速デュアルクラッチATには、気になる部分もあった。都市部などでの低速走行時には、変速で違和感を生じる場面がある。高回転域やシフトダウン時には、不必要に長いタメもあるようだ。

筆者の意見では、標準の6速マニュアルを選びたいところ。アイドリングのオートストップ機能の動作は、大幅に改善されている。

 
最新試乗記

人気記事