ギャラリー

2013.07.25

よしだのぶひこ

よしだのぶひこ(Nobuhiko Yoshida)。1946年東京都生まれ。東京都立世田谷工業高校自動車科出身。小さなときからクルマや、飛行機の絵をよく描いていたそうで、20歳代はグラフィック・デザイナーとして広告代理店で活躍し、その後30歳を過ぎてからフリーのイラストレーターとして独立。テクニカル・イラストレーターとしてスタートするが、コミカルにディフォルメされたクルマのモデルの商品開発とデザインをしたことを契機に、クルマのプラモデルのパッケージ・イラストを手がけるようになる。その後各社のパッケージ・イラストを手掛けたのち、近年はタミヤ模型のクルマ関係のパッケージ・イラストを数多く担当している。最近は視力体力が衰えたこともあり、自身の趣味として風景画などをのんびり描いているそうだ。なお、氏のホームページ”YOSHIDA NOBUHIKO GALLERY” (http://members3.jcom.home.ne.jp/addninth/)では、これまで手掛けた数多くのボックスアートのほか、イラストの製作過程の説明や、クルマを題材とした作品のほか風景画なども公開されている。

 

人気コンテンツ