レクサスRX350Fスポーツ

2012.04.05

レクサスRX350Fスポーツがニューヨーク・モーターショーでデビューした。

4WDのFスポーツは、8速のオートマティック・トランスミッションと、スポーツ・サスペンション、デザイン変更されたフロント・バンパーとメッシュ・グリル、そしてダークグラファイト・フィニッシュされた19インチの5スポーク・アロイ・ホイールが装着される。

エンジンは3.5リッターのV6で、270bhpを6200rpmで発揮する。4WDシステムは通常は前輪に100%のトルクが伝達されるが、必要に応じてリアへ50%配分される。燃料消費率は8.1km/lだ。

Fスポーツのサスペンションは、より固いショックとスプリングが採用されている。組み合わせられるラテラル・パフォーマンス・ダンパー・システムはNVHを最小にするという。

レクサスのABS、ブレーキ・アシスト、スタビリティ・コントロール、トラクション・コントロールなどが統合された「ビークル・ダイナミクス・インテグレーテッド・マネジメント・テクノロジー」は標準で装備される。

 

人気記事