モーターショー

2013.04.20

ロールス・ロイス・ゴースト・アルペン・トライアル・センテナリ

ロールス・ロイス・ゴースト・アルペン・トライアル・センテナリが上海モーターショーで公開された。

このモデルは、100年前に行われた1820マイル(3000km)の距離で行われたアルペン・トライアルと記念して製作されたモデルだ。ロールス・ロイスはその数を明らかにしていないが、限定モデルとしている。

その100年前のイベントに参加したジェームス・ラドリーのシルバー・ゴーストからインスピレーションされたスタイルを持つ。ボディは2トーンで、ブラックにペイントされたグリルとホイールを持つ。

インテリアは、アルペン・ルートのルートと距離がプリントされたグラフィックがダッシュボードに付けられる。また、ラリーのステージのタイミングを計る時計がリアのピクニック・テーブルに取り付けられる。

この手のリミテッド・エディションは、中国の富裕層が最も喜ぶもので、モーターショー会場では、その手のモデルを求めるバイヤーが闊歩することとなる。

ちなみに、この6月にトライアルを再現したイベントに20台のシルバー・ゴーストが出場する予定だ。

     

    人気コンテンツ