モーターショー

2013.04.20

フォード・エスコート・サルーン

フォード・エスコートの名前が、新しいサルーン・コンセプトとして上海モーターショーで復活した。

コンパクト・サルーン・セグメントの売上は中国では500万台以上。その市場にフォードはエスコートを投入するのだ。ちなみに、現時点では中国専用のモデルであり、そのネーミングが英国で復活する計画はないという。

アストン・マーティン・スタイルのフロント・グリルを持つスタイルは、最近のフォードのデザイン言語に従って造られたもの。コンセプト・モデルは、中国のユーザーに「楽しいドライビング、高水準のテクノロジー、特別に広いスペース、機能と洗練されたデザイン」を提供することを目的に形作られている。

フォードのセールス&マーケティング・チーフのジム・ファーリーは、「このコンセプト・モデルは、Oneフォードのアプローチのもと、グローバルなデザイン言語を使用したものだ。」と語っている。

    元記事

    オート上海 2013

    上海モーターショー(オート上海2013)は、4月20日から29日まで、上海ニュー・インターナショナル・エキスポ・センターで開催された。隔年開催のモーターショーで...
     

    人気コンテンツ