モーターショー

2013.04.20

ホンダ・コンセプトM

ホンダは、上海モーターショーにおいて、来年発売予定の量産車のコンセプトモデル、コンセプトMを発表した。

コンセプトMは、中国をメイン市場として開発したMPVセグメントのモデル。商用車が中心である現在の中国のMPV市場において、このコンセプトMは乗用車としての価値を持ちながら、快適で広い室内空間と、運転する楽しさを両立させた新しい価値を提案するという。デザインは、日本の本田技術研究所 四輪R&Dセンターのデザインスタジオで行われている。

また、ホンダは同時に、昨年の北京モーターショーにて発表したコンセプトCの量産車であるクライダー(中国名:凌派)を発表した。龍をデザインモチーフとし、中国人スタッフが主体となって開発したミドルクラスセダンだ。

    元記事

    オート上海 2013

    上海モーターショー(オート上海2013)は、4月20日から29日まで、上海ニュー・インターナショナル・エキスポ・センターで開催された。隔年開催のモーターショーで...