モーターショー

2013.04.20

紅旗L9、L7、L5

ファースト・ワークス・グループ(中国第一汽車集団)は、そのトップ・ブランド、ホンチー(紅旗)に、全長6メーター・クラスのラグジュアリーなLシリーズを上海モーターショーで発表した。ラインナップは3種類で、L9、L7(写真)、L5になる。

ファースト・ワークス・グループは、1950年代から1980年代まで、当時の共産党の役員のためのラグジュアリー・モデルを生産していたメーカーだ。

AUTOCARは、技術的な詳細を確かめることはできなかったが、L9は中国でも最も高級なモデルで、その価格は1,000,000(1億5000万円)という価格が付けられる。

L9は全長6395mm、L7は全長6095mm、L5は全長5500mm。L7はその長さがロールス・ロイス・ファンタムに匹敵し、L5はベントレー・ミュルザンヌに匹敵する。

エンジンはL9およびL7は400bhpから500bhpのV12エンジンが搭載される模様だ。

元記事

オート上海 2013

上海モーターショー(オート上海2013)は、4月20日から29日まで、上海ニュー・インターナショナル・エキスポ・センターで開催された。隔年開催のモーターショーで...
 

人気コンテンツ