モーターショー

2013.04.20

ジーリー・エムグランドKC

ボルボの親会社、ジーリーはエムグランドKCを上海モーターショーで発表した。

既存のボルボS80とプラットフォームを同じにする4ドアだ。2015年に生産される予定のジーリーのトップ・モデルは、エムグランドEC9というネーミングが付けられることになる。ライバルはアウディA6、BMW 5シリーズ、メルセデス・ベンツEクラスだ。

エムグランドKCは全長4690mmで、2880mmのホイールベースを持つ。

そのデザインは、前のボルボのデザイン・ボス、ピーター・ホブリーの手によるもので、彼は11月にジーリーのデザイナーとして就任したばかりだ。

ドライブトレーンは明かされていないが、2.0ℓの4気筒は確定で、ノーマル・アスピレーションかターボかはまだ検討中だ。また、ハイブリッドと言う線もあるかもしれないという。

エムグランドKCは、一連のボルボ・ベースのモデルの最初となる。XC90ベースのSUVも計画されているという。

元記事

オート上海 2013

上海モーターショー(オート上海2013)は、4月20日から29日まで、上海ニュー・インターナショナル・エキスポ・センターで開催された。隔年開催のモーターショーで...