BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

モーターショー

2017.03.07

メルセデス・ベンツEクラス・カブリオレ

メルセデス・ベンツはジュネーブ・モーターショーにて、兼ねてから噂されていたEクラス・カブリオレの実車を披露した。欧州仕様のエンジン・ラインナップは4種となるようだ。

剛性アップも重量増は防ぐ 素材がキモ

CクラスとSクラスのあいだに位置するEクラスにカブリオレが加わることで、SLC、SL、GTロードスターを含む現行のカブリオレが完成したことになる。

7年間販売されている、モデル・チェンジ前のEクラスと共通する部分はかなり少ないのがポイント。

高張力鋼板と鋳造アルミニウムを多用したボディ構造は、Eクラス・クーペとほぼ同等のボディ剛性が確保されているという。

強固な構造のおかげで車重が増すことを防ぐために、フェンダー、ボンネット、トランクはアルミニウム製となる。

Eクラス・クーペさながらのシルエット

メルセデス・ベンツはカブリオレを作るうえで、クーペらしいシルエットを崩さないように配慮したのだそうだ。

そのためには、当然、ファブリック・ルーフの形状がキーになる。構造そのものはCクラス/Sクラス・カブリオレのそれを利用し、できる限りシンプルに、そして強度の高いものを生みだしたという。

欧州仕様では、ファブリック製のルーフは、ブラウン、ブルー、レッド、ブラックの4色展開となる。

ルーフは50km/h以下であれば走行中でも開閉が可能。20秒で開閉できる。

ルーフを閉じている状態の荷室容量は385ℓ、ルーフを開けた状態の容量は310ℓ。

車体サイズは全長4862mm、全幅1860mm、そして全高が1428mm。モデル・チェンジ前よりも、123mm長く、74mm幅広く、30mm高い。ホイールベースも113mm延長されており、2873mmに達する。

欧州仕様のエンジンは全部で4種に 4WDも選択可

ドイツ本国で展開されるモデルは、ディーゼルとガソリンの2種類となり、もっとも控えめなもので184ps、もっともパワーがあるもので333psとなる。

ガソリンのラインナップは以下の通り。
・E200カブリオレ(2ℓ直4ターボ、184ps)
・E300カブリオレ(2ℓ直4ターボ、245ps)
・E400 4マティック・カブリオレ(3ℓV6ツイン・ターボ、333ps)

ディーゼルのラインナップは以下の通り。
・E220dカブリオレ(2ℓ直4ディーゼル、194ps)

トランスミッションは9速のオートマティック。基本的には後輪駆動となる一方で、E400は標準で4WDとなる。4WDの前後駆動配分は、前:45%、後ろ:55%。

Eクラス・セダンと比べて車高が15mm下がるのはクーペと共通である。

なお、日本に輸入されるかどうかは未定だが、Eクラス・カブリオレの25周年を記念して ‘25th アニバーサリー・エディション’ も加わる。こちらのボディ・カラーは、赤メタリックとシルバーの2種。ルーフとインテリアは赤で統一されている。


▶ 海外ニュース / 発表前のEクラス・クーペ、テスト走行に同乗

    このモーターショーの記事一覧

    元記事

    2017 ジュネーブ・モーターショー

    第87回ジュネーブ・モーターショーは、2017年3月7日から3月19日まで(7日、8日はプレスデイ)パルエキスポ・コンベンション・センターで開催される。 今年は...
     

    人気コンテンツ