モーターショー

2017.03.07

アルピーヌA110

噂されていたアルピーヌの2シーター・スポーツが何と「A110」のネーミングでデビューした。オールド・ファンにとって何とも複雑な思いがあるが……。

A110のネーミングを受け継ぐ

昨年、コンセプト・モデルのカタチで発表されたアルピーヌA120だが、いよいよジュネーブ・モーターショーでプロダクション・モデルが発表されることになった。ネーミングは1960年代、1970年代のアイコニックなモデル、A110をそのまま引き継ぐことになる。

ポルシェ718ケイマンのライバルとなるこのA110は、先代A110のイメージを強く引き継ぐエクステリアを持ち、特にフロントに付けられた一対のランプ(オリジナルA110ではフォグランプ)が特徴的。また、サイドのシルエットなども先代A110のフォルムを受け継ぎならがも現代化されている。

軽量ボディに300psのエンジン

低く小さいボディは、ライバルたちと較べて軽量なのが特徴。ボディはアルミニウム製で、その総重量は1000kg以下となると思われる。ライバルの718ケイマンは1405kgだ。先日発表されたそのシートのウエイトも13.1kgとメガーヌR.S.のシートの約半分という重量だ。それほどまでに軽量化を突き詰めている。

セッティングはもちろんドライバー・フォーカスで、ライバルよりも細いタイヤは、グリップ・バランスとパワーを考えた結果だという。

エンジンはクリオR.S.に搭載される1.6ℓターボを1.8ℓにスープアップしたもの。パワーは252ps、そしてトルクは32.6kg−mだ。

パフォーマンスはポルシェ・ケイマンGT4と互角

パフォーマンスは、0-100km/h加速が4.5秒と、ケイマンGT4とほぼ同じタイムだ。

ボディはエアロダイナミクスに優れるもので、リア・スポイラーなどの余分な付加物はない。これはオリジナルの綺麗なスタイリングをキープするためにも重要なファクターだ。

アルピーヌA110は、来週のジュネーブ・モーターショーで公開される。価格は€57,000(680万円)程度となる。



▶ 海外ニュース / アルピーヌA120、発売直前のウインター・テスト
▶ 海外ニュース / アルピーヌA120のボディとシャシーのアルミ・パネルを公開
▶ 海外ニュース / アルピーヌA120の走行ビデオを公開
▶ 海外ニュース / アルピーヌのスポーツ・モデルに ‘強化版’? 首脳陣を直撃
▶ 海外ニュース / 新生アルピーヌのトップ・モデルは300psエンジンを搭載
▶ 海外ニュース / アルピーヌ・ルノー、2月16日にデビュー

    このモーターショーの記事一覧

    元記事

    2017 ジュネーブ・モーターショー

    第87回ジュネーブ・モーターショーは、2017年3月7日から3月19日まで(7日、8日はプレスデイ)パルエキスポ・コンベンション・センターで開催される。 今年は...